スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

産婦人科の実際より -連載開始-

 皆様       雪国育ちのため現在へばっております医局員Pです。 いきなり暑くなりましたね。 ゼェゼェ、、、       さて、本日はお知らせです。 月刊誌「産婦人科の実際」より 当院で半年間連載を7月号より行っております。       内容は最新の知見ということで昨今の論文の報告です。 今回は、、、若手の先生に多くを担当していただいております。 興味があれば是非閲覧ください。 その① 若手のホープT先生より 子宮頸管長が26-29 mmの低リスクの女性における子宮頸管長スクリーニングのフォローアップの有用性      その② お恥ずかしながら小生より レボノルゲストレル子宮内装置に関しての第II相試験について:複雑型異型子宮内膜増殖症と初期子宮体癌に対する外科的治療以外の取り組み となります。 よろしくお願いいたします。 P拝  

第2回外科手技セミナーをWEBにて開催します

      全国の研修医、学生の皆様。 中間医局員Pです。 入局先はまだ決まっていませんね?       さて、本日は研修医、学生向けの第2回外科手技セミナーを開催しますので、そのご案内です。 演者は前回から同じく外科基本手技の本を出版直前の当講座主任田畑教授から伝授していただきます。 さて、今回は一歩進んで、外科手技の基本である開腹、閉腹についてです。 ビデオや動画でわかりやすく解説します。 すべての外科希望の先生の参考になるとおもいますので、産婦人科を考えていない先生でも全く問題ありません。       【詳細】 日時: 2021 年 8 月4 日 18 時 15 分  時間: 45 分   場所 : WEB セミナー   対象:全国の学生、研修医 演者:田畑務   参加は前回と同じくZOOMで事前受付で行います。 参加制限はなく、学生、研修医、他科の先生だれでもOKです。   twmu.obgy@gmail.com       まで一報いただけすと、当日の参加IDを送付します。 よろしくお願いいたします。     P拝

第22回東京都周産期医療ネットワーク区西部ブロック連携会議

        新入局員の気持ちでいる既入局員Pです。 寒い言葉とは逆に気温は暑くなってきましたね。 さて本日は第22回東京都周産期医療ネットワーク区西部ブロック連携会議についてご報告いたします。 当院は総合周産期でして、様々な合併症を持つ妊婦さんが来院されます。       妊娠は長いです。 男の小生には一生理解できないかもしれませんが、きっと40週という時間は体感で3年位あるのかもしれません。 そんな経過の中で途中で妊娠に伴い、状態が悪化して当院を訪れる患者さんも少なくはありません。       そこで重要となるのが、近医の産婦人科の先生との連携であります。 いち早く疾患を見つけていだき、早期に高度医療施設で治療を開始する。 文章では1行で終わりますが、そこに至るプロセスは複雑で困難であります。       そこで重要となる本会議。 最新の知見、管理、医療状況を紹介するとともに、スムースな病院感の連携を行うための会議が本案件であります。       さて、前置きがながくなりましたが、今回はFreshなM先生に発表をおこなっていただきました。 M先生には緊張という言葉はないのですか? と疑いたくなるような凛とした発表で小生も関心しながら聞いておりました。 進行の音頭もTT先生により会は円滑に進みました。 コロナ渦でWEBでの開催ですが、以前に増して参加される先生は多かったと思います。 大盛況のうちに閉幕となったところで、今日の小話はこのへんで失礼いたします。 P 拝          

新入局員よりご挨拶

はじめまして。 東京女子医科大学、産婦人科、入局1年目のMです。女性の一生に携われることに惹かれ2021年4月に当院産婦人科に入局しました。 産婦人科は外科と内科を兼ね備える科であり、しばしば救急救命科にもなります。そのためハードな一面もありますが、当院では女性医師が産後も働ける環境づくりが整っており、安心して働けます。実際、お子さんがいて時短で働いている先生、妊娠中の先生もいらっしゃいます。医師同士、お互いに支え合っているので、プライベートと仕事を両立させている先生は多いです。自分が将来なりたい医師像をみつけることができることは当院の魅力だと感じます。 壁にぶつかることも多いですが、上司や同期含め周囲の雰囲気がよく、日々楽しく仕事をしております。特に若手の先生も多いため仕事も含め、様々なことを相談できる環境です。私は女子医出身ではなく、かつ他院にて初期研修を行いましたが、当院には色々な出身大学の先生がいらっしゃり、アウェイ感なくすごせています。とてもアットホームな職場です。 ちなみに私は入局後3ヶ月目ですが、丁寧な指導のもと問題なく臨床業務に従事させていただいております。安定したスキルアップができることは先生方の手厚いサポートがあるから、また経験豊富な先生や助産師さん方が多いからだと感じます。 当院の魅力は環境、教育、人の良さのみならず、実績も確かです。現在私が研修させていただいているのは産科なのですが、合併症妊娠の方がほとんどです。特徴的なのは、当院は様々なセンターがあり、特に心疾患合併妊娠の方が多いことです。循環器手術術後の患者さんもいるため、普段と異なった周産期管理方法を学ぶことができます。もちろんローリスクの妊婦さんもいるので、総合周産期としてすべての周産期治療を行っています。 私は産婦人科医としてまだまだ未熟ですが、より良い医療を提供できるように日々努めてまいります。 最後に研修医の先生、学生の方々、ぜひ一度当院のweb勧誘会を覗いてみてください。そして見学にいらしてくださると嬉しいです。きっと産婦人科の魅力を感じていただけると思います。 

2021年7月7日に学生、研修医向けの外科手技取得のセミナーを開催いたします

  全国の研修医、学生の皆様。 中間管理職Pです。  梅雨は終わったのでしょうか?       さて、本日は研修医、学生向けの外科手技取得のセミナーを開催しますので、その案内です。 演者は外科基本手技の本を出版直前の当講座主任田畑教授から伝授していただきます。 え?そういえば糸の持ち方ってどうするんだっけ? 持針器の持ち方ってこれであってる? そもそも正しい縫い方とか結び方ってあるの? なんて本を調べても基本的過ぎて書いていないことが意外とあったりして悩んでるそこのあなた方! うってつけです。 是非参加しましょう。     【開催日時】 七  夕 2021年7月7日18時30分から30分程度 参加はZOOMで事前受付で行います。 参加制限はなく、学生、研修医、他科の先生だれでもOKです。   twmu.obgy@gmail.com   まで一報いただけすと、当日の参加IDを送付します。 よろしくお願いいたします。     P拝

This is KANREKI

                 Hello, this is TWMU 医局 毎度お馴染みの医局員Pです 梅雨入りでしょうか       最近暗い話題が多いので、本日は明るい(?)ものを1つ       日本産科婦人科学術総会も無事終わりました といっても今年もPCの画面を眺める日々でしたが 画面の先からモチベーションはいただきました  そうそう、当医局からもK大先生がCongress Encouragement Awardを受賞されました おめでとうございます これはまた別日記で、、、 そして本日は、、、 本日をもちまして 当医局講座主任TT教授が 還  暦  を  お  迎  え  に  な  り  ま  し  た       おめでとうございます!       ちゃんちゃんことは行かないですが メッセージ 入りのT-shirtを装着し皆様でぱしゃり。  んん〜、いい写真です       こういった社会状況で各方面から心配されることもありますが 当医局はアットホームに楽しく厳しく業務に向き合っております 今年も何卒よろしくお願いいたします                    PS 来月に医局説明会があります 皆様少しでも気が向いた際は feel free to ask 医局長です                 

新学期が始まりました!

        全国にまだ見ぬ産婦人科入局を考えている研修医の先生達へ、、、       こんにちは。 5月病を経験したことのない医局員Pです。 GWはいかがお過ごしでしょうか。       遅れましたが、今年もコロナ渦の中、新入局員を無事迎えることができました。 新体制で今年も記念撮影をパシャっと。 今後共々よろしくお願いいたします。       若手の先生は本当に大変だと思います。 コロナ関連で見学や学会も制限され、自分の進路を見つけていくのは困難な道ではありますが、当医局で精一杯バックアップする次第です。 屋根瓦式の教育を当医局は目指しており、若い先生がさらに若い先生に指導することで双方にメリットがあります。 百聞は一見にしかず、詳しくは当院の医局説明会に参加いただければ雰囲気も含め伝わるかと思います。 https://twmu-obgy.blogspot.com/2021/04/2022.html        では今日はこのあたりで。       P拝  

2022年度入局説明会のお知らせ

2022年度東京女子医科大学病院産婦人科 入局説明会 を以下日程で開催します。   日時:2021年6月10日18時開始 場所:WEB開催 参加希望の先生は当院HPより医局長まで連絡ください。 後に参加アドレスを送付させていただきます。   では当日医局員一同お待ちしております。 

未来への手紙プロジェクト

本日はちょっと新着のニュースを紹介します。  https://mainichi.jp/articles/20210228/ddm/010/040/028000c   当院周産期センターの記事が毎日新聞に掲載されております。 K先生のコロナ渦においての出産についてがテーマとなっております。  一部有料のようですが、よろしければ閲覧の程を。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いいたします。 しばらく更新が滞っておりすいません、、、 昨年、今年と医療関係者には厳しい状況が続いております。 明るいニュースをお伝えしたいところですが、、、 小生的にはプレイステーション5の抽選が当選したくらいしかお伝えできないのが心苦しい限りであります。 昨年は学会報告、勉強会、勧誘会、医局行事含めほぼオンライン上で終了しました。 便利といえば便利ですが、やはり外に出てたいですね。 在宅ワークを毎日されている方々もストレスフルな毎日だと思います。 加え、今年入局した後期研修医も外に出れず、大変だと思います。 学会参加や勉強会など、外の世界が開く時期にこれは辛い。 小生入局1年目がこんな状況でしたらまず正気を保っていられないと思います。 発狂してしまうかもしれません。 、、、 本当によくやってくれていると思います。 さて、今年は日本産科婦人科学会が新潟で開催されます。 さらにその次の年は福岡での開催です(嗚呼、、、愛しの博多ラーメン、、、)。 コロナ渦が収束することを祈って是非おいしいお酒が飲みた、、、いや、、新たな学術的発見をしたいものです。 制限はかかってますが、入局のリクルートも行っています。 学生、研修医の先生方で当院に興味を持って頂いている方、コロナ渦で見学に不安を持っているかと思いますが、医局長宛てに連絡をいただければ案内ができるかと思います。 門はいつでも開いています。 ではでは今年は良い一年になることを祈り、後期研修医の勇姿を添えて。

昨今のニュース

      皆様   11月とは思えない暖かさですね。 医局員Pです。 いかがお過ごしでしょうか。 あまり更新をしていなかったので、最近のニュースを乱筆にて。 まず当院での2021年度の入局締め切りがありましたね。 今年も数名が入局を表明していただき嬉しい限りです。 これも偉大なるプロフェッサーTTのお力によるものでしょうか。 来年も盛り上がりそうです♫ (※まだどこかの大海原をさまよっているそこの研修医の先生、個別相談でまだ当院の扉はこじ開けることが可能だとおもいます、迷った際はぜひ当院医局長宛に連絡を、、、)   あとは学会とCOVID-19関連でしょうか。 最近は学術会も軒並みWEB開催となっています。 治療や学術的探索のために現地開催でミイラ取りがミイラになってはいけませんからね。 致し方ないです。 現地の美味しい特産物をありつけるのはいつになることやら、、、(涙)        特に産婦人科領域のサブステシャリティ関連の学会は延期に次ぐ延期で、11月、12月に内視鏡学会、生殖学会、遺伝学会、周産期学会と詰め込まれまくっています。 音楽に例えるなら、フジロック、サマーソニック、ROCK IN JAPAN、RISING SUNが毎週開催される感じでしょうか。 まとめて見れるんですが、週末はPCの前に座りすぎて運動不足が加速します。 小生今週は人類遺伝学会ウィークです、、、 寒くなるに従い、感染者数も拡大しております。 皆様もくれぐれもご健勝ください。  では。

産婦人科医への扉 ー君の力が未来になるー

すっかり涼しくなりました。 子供が風邪を引いて、いつ保育園から呼び出しをされるかヒヤヒヤしている医局員Nです。 私事ではありますが、 日本産科婦人科学会ホームページ内で動画が掲載されました。 (人生最初で最後のyoutube出演かと思われます!) こちらのページは、「産婦人科医への扉 ー君の力が未来になるー」と題し、 全国の若手医師(未来委員会)の先生方が作成したもので、 産婦人科医を目指す全国の医学生や研修医向けに、 たくさんの有益な情報がたくさん載っております。 私は、ぎねちゃんねる、という、受け付けた質問に答えていくという動画を 慈恵会医科大学病院と鹿児島市立病院の先生方と出演させて頂きました。 10月末まで開設中ですので、是非こちらのHPに足を運ばれた方は そちらもご覧になってください。 *産婦人科医への扉  https://www.jsog-tobira.jp/tobira/ *ぎねちゃんねる(3つめに出演してます)  https://www.jsog-tobira.jp/tobira/know 医局員N拝

学位授与につき

 寒くなってきましたね。 医局員Pです。  本日は嬉しい話題を。       当院は大学病院でありますので、臨床に加え、教育、研究が3本の柱であります。 日々の臨床を行いながら、他2つも並行して行うのが、大学病院としての努めであります。 時間を作り、論文を仕上げたり、後続の先生方を一人前にするという大学人の使命のもと業務に勤しんでいる先生は多数います。       さて前置きが長くなりましたが、 今年度も当講座から一人学位取得された先生がおります。 K先生、おめでとうございます。 若い頃は一月の95%を当直するという逸話を持つ鉄人であります。 上記3つに加えて、ロボット手術等の最先端の治療、毎週の手術調整、指導等を一手に引き受けているにも関わらず、疲れを一切見せない男の中の男であります。 忙しい業務量の中、立派に取得され、本当におめでとうございました。 これからも後続の若手ため、突き進んでください。  最後は教授より学位授与時の写真でお別れしたいと思います。       パチパチパチ    

当院のホームページがリニューアルされました!

very very long time to see 医局員Pでございます。 久々の更新となります。   さて、今年からコツコツと取り掛かっていた当講座のホームページを本日付けでリニューアルしました。 https://www.twmu-obgy.com/ 小生、自分で過労死寸前の自分を褒めてあげたいくらいこの作業は時間をかけました。   内容に関しては、大学病院の臨床、研究、教育を軸として、当講座で行っている診療内容を患者さん、入局希望の先生方にわかりやすくをモットーに仕上げました。 いたらない点も多くあるかと思いますが、今後共々、皆様の関わり合いの第一歩となれるようなホームページにしていきたいと思います。   温かい目で見守っていただけますと幸甚でございます。 よろしくお願いいたします。   医局員P拝

研修医の方へ【入局締め切りについて】

研修医の方へ入局締め切りについて連絡します。 当院の2021年度入局希望締め切りは 2020年9月30日 を締め切りとします。 その後は10月中に面接の連絡をさせていただきます。 よろしくお願いいたします。