スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2020の投稿を表示しています

第72回日本産科婦人科学会学術講演会のWEB開催につき

平素よりお世話になっております。
医局員Pです。
皆様いかがお過ごしでしょうか。



東京都は緊急事態宣言の中、緊迫した日々が続いております。
小生も3月からほぼ家と病院の往復で気が滅入りますが、密を避けることを心がけて生活しております。
GW開けには緊急事態宣言がどうなるか、、、



さて、そういった情勢もあり、今年の日本産科婦人科学会学術講演会はWEB上での開催となりました。
小生も初めての体験です。
去年の生殖学会は地震がかぶって泊まるところもままならない事態でしたが、今回はいささか事情が違います。



懐かしの人に会えない、学会の後の美味しい夕食もない、移動もない。
あるのはPCの画面とにらめっこしている自分のみとなんとも寂しいですが、良いこともたくさんあるなと感じました。





その1
抄録の取りこぼしがない。
音楽フェスではないですが、見たいバンド、もとい、講演がかぶって抄録のみで終わらせてしまうことがなく、時間の許す限りとことん学会に参加できる

その2
時間的制限がない
いつでも好きな時間に開催中であれば抄録をみることができる。そう、ネットの先の著名な先生を前にポテトチップスをぼりぼりたべながらリラックスした雰囲気で講演を聞いてもなんの問題もありません。

その3
早送り、もとい、巻き戻しができる
小生の脳ではよく理解できないような難解な講義も一旦停止、巻き戻してとことん聞き込みができる。





ありだと思いました。
次回は現地、WEB上同時開催であるとなおいいなぁ、、、なんて考えます。



個人的に遺伝関連、生殖関連ばかり見ていましたが、PGT、ランダムスタート法の連続採卵、AMHの応用、卵子凍結、近未来的な胎児獲得の展望などが面白いなぁと聞き入っておりました。



乱筆となりましたが、学会報告とさせていただきます。

新学期が始まりました

皆様ご無沙汰しております。
医局員Pです。

世界的に新型コロナウィルスの流行に伴い、医療崩壊の危機が叫ばれ、気が滅入るニュースが多い昨今。

当講座は明るいニュースがありました。
4月からなんと8人もの新入局員の先生方が当講座の門を叩いてくれました。
絶滅危惧種とまで言われている産婦人科でこの人数は本当にすごいことです。

小生が入局したときも8人でしたので、
その時以来かぁ、、、と感慨深く、思い出がこみ上げます。

この8人をしっかり教育して立派な産婦人科医にすること、次世代に知識、経験をつなげていくことも我々中間医局員の役割だと思っております。

世の中は暗いニュースで溢れかえっておりますが、彼らが現状を打破する光となることを祈りまして、今年始めてのブログとさせていただきます。

P拝